ウェルカムボードの制作は学生に

餅は餅屋といいますので、苦手な分野のものは
得意な人へ振るのが一番というのが私の考えです。
何の話かといいますと、私は工作関係がすごく苦手でして…
ぶきっちょなんですよね(笑)。
知人の展示会のためのウェルカムボードの制作を振られたんですが、
借りがあって断れないので、現役の学生である甥っ子に頼むことにしました。
もちろん貢物はねだられましたが…。
昨年の学園祭で作品をみて、腕は確かなので安心しています。

Continue Reading

火災保険のおすすめを聞けてラッキー

現代社会主義を考える会、という勉強会が先日あり、
嬉々として参加してきた次第です。
とても有意義な会合だったので、内容はまとめて報告したいと考えておりますので、
しばらくお待ちくださいね~。
さて、その勉強会の後は交流会と称する飲み会で、
新しく知り合いもできました。
その中で保険屋さんがいたのですが、
ちょうど更新の時期で火災保険の相談をしたんですよ。
とても丁寧に教えてくださって、おすすめの火災保険も聞けてラッキーでした。

Continue Reading

資本主義と観葉植物レンタルで迷う程度の資金と。

トマ・ピケティの本がベストセラーになり、資本主義の限界や、
幸せの方向が漸く知れ渡って来た感があります。
ピケティの本でなくても、社会主義のマルクスの「資本論」を読み解くと
資本主義の限界が分かります。
数年前のビジネス書で「導き」やら「呼び寄せ」「winwin」なんて流布していましたが、
資本主義の仕組みに照らすと自然なことで、
新興宗教まがいなことでビジネス書を書いた方は現在は赤っ恥もいいとこでしょう。
マンションは購入がいいかレンタルがいいかなど、
未だ資産の議論は尽きませんが、
観葉植物をレンタルするかどうかで迷う程度の資金の私には、
巻き込まれる以外に道はないのかもしれません。

Continue Reading

社会主義を語る上で資本主義を語り、ティーカッププードルへ言及する。

資本主義の競争社会では、常に新しさや改革が求められます。
走り続けることが資本主義を継続する要なのです。
人間の欲望に占有欲や探究心があるので、
確かに資本主義は、人間に向いているといってもいいかもしれません。
ただ、残念な事に人間の能力・環境は平等ではなく、
また永劫新しい物を生み出すという保証もないのです。
ここ数十年の技術の発展は目を見張る物がありますが、
しかし人間の本質は大きくは変わっていません。
なんだか昔より良さそうで選択肢が増えただけではないでしょうか。
例えば、色々な交配でティーカッププードルのような、犬種が生まれていますが、
必要か?と問われるとどうなんでしょう?といった答えが多いと思うのです。
選べる自由の中に消えた自由もあると私は思うのです。

Continue Reading