臨床心理士の登場で

私の周りには趣味を同じくする仲間が多く、会えば論争を繰り返しています。
喧嘩しているんじゃないかと心配されることもありますが、
本人たちは楽しく仲良くやっているんですよね。
年齢と共に少しずつおとなしくなっているような気もしますのでご安心ください。
さて、先日の会合では臨床心理士をされている方が初登場して、
かなり有意義な討論会ができました。
今後が楽しみな方ですね。
空気を察して発言してくれるタイプなので有難いです。

Continue Reading

エクステリアを横浜の業者さんに頼もうか・・・

マイホームのエクステリアのデザインは自分で製作することは可能であるが
専門家による診断と経験を聞いてみることも時代に遅れることなく
モダンで創造性豊かなエクステリアは社会主義、
民主主義の隔たりを埋めてくれるものであり、
知的感を持って社会主義を考えるきっかけにつながっていくのである。
横浜港は関東の玄関口であり、家の玄関へのアプローチには
エクステリアはなくてはならないものである。
業者選びに迷ったらエクステリアを横浜の業者さんに迷わず訪れることで
幸福感が得られるはずです。
幸福とはどのようなことで得られるのかということを考えることができる
横浜の街並みを歩いているときれいなエクステリアに出逢えることでしょう。
言い換えればエクステリアによって人々の嗜好を変化することが可能になって
社会主義や民主主義のあり方を教えてくれることなのです。
さぁ、一歩踏み出しましょう。

Continue Reading

大学のレポートを音楽スタジオに来てまでやっていた・・・

小説を執筆するときにおいては、次のような場面を書いていくということを
検討したりすることができます。
それは、登場人物に現役大学生シンガーソングライターを設定し、
そのうちの一場面を書くときです。
その人物がレコーディングのため音楽スタジオに来ているときに、
レポートを書くというものです。
内容としては、資本主義と社会主義の相違点を述べていくというものであり、
描写していきます。
また、その音楽スタジオを東京にするという設定にして、
その地を舞台にするということも考えたりすることが可能です。
そのような小説を書くときには、思いついたことを
紙に書いていくという手法があります。
そしてそれを参考にして、話を執筆していくというスタイルも
考えたりすることができます。

Continue Reading

ある職人さんの転職活動の1日

私は「職人」として転職を果たした経験があります。
その経験から得た知見を少し、ご紹介させて頂ければと思っております。
私はかつて、解体工として働いておりました。
しかし、しばらく続けると、徐々に体が悲鳴をあげ生じ始め、
2年目にして、退職をすることになります。
私がやっていた解体業は、現場をどれだけこなせるかで報酬が決まる、
いわゆる、歩合の仕事で御座いました。
体力が落ちれば、おのずと給与が下がるのです。
このときほど、資本主義を恨み、社会主義へ憧れを抱いたことはありません。
さて、ここから職人転職活動が始まります。
職人は、技術という強みを持っておりますので、
その技術や知識を最も求める人の元で働くことが出来れば、
労働に対する報酬率も良くなるのです。
私は「家」に対する知識を活かし、不動産関係の仕事につく事が出来ました。
持っている知識と技術を最も求めている人と出会えるか、そこがポイントなのです。

Continue Reading

文書保管のよりよい方法は

先日、時間があったので図書館で
前から探していた本の捜索を腰を据えて行ってきました。
結果をいうと、探していた本10冊のうち、7冊を見つけるという快挙でして、
さっそく3冊借りて読み始めました。
実はそのうち数冊は学生の時に持っていたものなんですが、
引っ越しなどのどさくさで捨ててしまったか、しまってあるか…。
読みたいときに見つからないという。
本だけでなく、過去の論文などの文書保管については
「どこかにあるけど」という状況で。
よい方法があればぜひ教えてほしいです。

Continue Reading

なんだか吉祥寺の賃貸アパートでこんな本読んでいるシチュエーションが不思議です。

給料日前でせっかくの休日も家でゴロゴロしています。
吉祥寺の賃貸アパートに暮らしていますが、ご近所も単身世帯ばかり、
日曜日にもなると皆出かけてしまって日中も静かです。
皆出かける甲斐性があっていいなぁなんて思いながら、
友達が忘れていった社会主義の本なんかをペラペラめくっています。
こういう時間がないと読むこともないような本ですが、結構面白い。
日本は民主主義で資本主義、資本主義の対極にあるのが社会主義、
という事なのかな、とにわか勉強家は考えたのでした。

Continue Reading

社会主義と施工図の共通点

読んでいた本が社会主義思想の話だった。
本で読んでいると社会主義も悪いものではないように思えるのですが、
実際に社会主義の国の情勢を思うと、絵に描いた餅ではないけれど、
どんなに立派に完璧に思えるものでも、
実際はなかなか予定通りにはいかないものだなぁと思うのです。
今の仕事だって、完璧に思えた施工図に修正が入り続け・・・
そう、本を読んで現実逃避していたのでした。
中々仕事が進まない時に本に逃げるクセをどうにかしたいものです。

Continue Reading

横浜のパソコン教室の題材は

横浜のパソコン教室に通う友人から「今日の題材は社会主義だった!」
というラインが画像と共に送られてきました。
「は?」と思ってみてみたら文書の編集をするためのダミーテキストが
社会主義を考えるといったテーマだったようです。
あまりにもピンポイントなので笑ったのですが、
友人も早く私に知らせたくてパソコン教室の内容が頭に入ってこなかったようです。
笑い話のようですが、なんか縁があるのかな、なんて考え込んでしまいました(笑)。
来週そのパソコン教室に通っていたりしてね。

Continue Reading

レンタルオフィスは個室で

社会主義に興味を持つきっかけを与えてくれた友人が、
先日起業したことを知りました。
自分の職場に近い場所のレンタルオフィスを借りたそうなので、
一度遊びに行くことに…。
レンタルオフィスには会議室もあるし、コピー機やファックス、
電話の受付嬢もいたり、なかなか便利ですね。
シェアオフィス的な使い方をできるところもあるらしいですが、
やっぱりレンタルオフィスは個室が集中できていいですね。
便利な世の中になりました(笑)。

Continue Reading

ドロアって何かと思いました。

社会の勉強で知らない単語が出てきたと甥っ子からの質問があったのですが、
ドロア」って自分も知りませんでした(汗)。
そんなこと授業で習ったっけ?と検索してみたら、
レジの下についているお金の収納をする箱?みたいなものなんですね。
はじめて知りました。
店舗の運営でもしない限りはレジの下の箱の名前を知ることがないと思うのですが、
社会の教科書には何と載っていたのか、そっちに興味がわきました。

Continue Reading

ウユニ塩湖ツアーにゼミ仲間たちと参加

いとこがとある大学の社会科ゼミに在籍しているのですが、
ゼミ仲間で休みの間アルバイトを頑張って
ウユニ塩湖ツアーに参加することになったそうです。
私よりも先に行くなんて…うらやましい。
実はウユニ塩湖の旅の本なども持っているので貸してあげることにしました。
その代わりお土産を期待しようと思います。
いとこは今社会主義に関して学んでいる最中なので、
これからたびたび話を聞けることも楽しみです。
仲良くしておこう(笑)。

Continue Reading

趣味がサーフィンの初心者や

社会主義は、宗教的な側面から考えると理想的な考えの一つです。
全体が平等で優劣可否がない。
しかし、なぜ、上手くその仕組みが働かないかというと、
結局のところ人間が未熟だからということに収束します。
社会主義に平等に分配する者が必要ですが、
そこに自己愛・贔屓はあってはならず、
分配されるものも価値観の共有が求められます。
しかし、そんな出来た人間は一握りで、人は千差万別烏合の衆で、
趣味がサーフィンの初心者や、服よりなによりのお金好き、
人を騙す事に何の抵抗や意識がない人もいます。
平等でない意識に平等に物を与えても、平均化することがありません。
社会主義が主流になるときその時は、人が人でないときかも知れませんね。

Continue Reading

横浜のペットホテルに寄ってから。

某セミナーに行くために友人と横浜で待ち合わせ。
愛犬を横浜のペットホテルに預けて、大急ぎで来たらしく、
息の上がった友人を連れセミナー会場へ。
内容があまりにも懐古的でしたので割愛します。
セミナー後はペットがいる知人と軽く飲んでから別れました。
ペットを飼っている方は自由にできない分、
ペットからの愛情をたくさん感じているのでしょうかね。
沢山の惚気(?)話と写真を見せてもらいました。

Continue Reading

ベッド激安通販のふかふかの布団で

「one for all ・all for one」私がいた中学の標語です。
凄まじくベタですね。
現存する社会主義の国家は往々にして帝国主義にもカテゴライズできたりします。
高度な倫理観とマルクスのような優れた頭脳が共有されていれば、
社会主義はユートピアにもなりうる思想ですが、それは叶わぬ夢でして。
資本・物質至上主義に浸かって育ち、
いくつもの広告で宣伝されるベッド激安通販のふかふかの布団で眠る私たちには、
戻れぬ道なのです。
最近プロボノというボランティアが話題ですが、
社会主義のようで富裕層による貧困層の仕事搾取とも言えるよう気もします。
プロボノ強制も目立つようですし、我々は何を軸にすれば良いのだろうか、
全く分かりません。

Continue Reading

考えを漏水。

社会主義と資本主義を考える上で論点になるのが、
ゲームに参加できないグループ。
簡単に言うと資本主義は競争社会。
働き成果をだせばそれだけ自分の牌が増えます。
社会主義は、皆で働き平等に牌を分けます。
どちらも優れた面、不利な面が存在しますが、
突き詰めると人間の良心の不足により不利な面が
大きく働き続ける場合が往々。
資本主義も結局のところ、働けない人に対してはある種の
社会主義的行為であり、社会主義のトップで采配する人も
資本主義の結果のようでもあります。
人は、白か黒区別を付けたがるもので、考えを漏水のように放置しておけず、
自分の立場を決定しがちですが、
政府を無くす以外で流れるように自由に生きることはできないものでしょうか。

Continue Reading

ウェルカムボードの制作は学生に

餅は餅屋といいますので、苦手な分野のものは
得意な人へ振るのが一番というのが私の考えです。
何の話かといいますと、私は工作関係がすごく苦手でして…
ぶきっちょなんですよね(笑)。
知人の展示会のためのウェルカムボードの制作を振られたんですが、
借りがあって断れないので、現役の学生である甥っ子に頼むことにしました。
もちろん貢物はねだられましたが…。
昨年の学園祭で作品をみて、腕は確かなので安心しています。

Continue Reading

火災保険のおすすめを聞けてラッキー

現代社会主義を考える会、という勉強会が先日あり、
嬉々として参加してきた次第です。
とても有意義な会合だったので、内容はまとめて報告したいと考えておりますので、
しばらくお待ちくださいね~。
さて、その勉強会の後は交流会と称する飲み会で、
新しく知り合いもできました。
その中で保険屋さんがいたのですが、
ちょうど更新の時期で火災保険の相談をしたんですよ。
とても丁寧に教えてくださって、おすすめの火災保険も聞けてラッキーでした。

Continue Reading

資本主義と観葉植物レンタルで迷う程度の資金と。

トマ・ピケティの本がベストセラーになり、資本主義の限界や、
幸せの方向が漸く知れ渡って来た感があります。
ピケティの本でなくても、社会主義のマルクスの「資本論」を読み解くと
資本主義の限界が分かります。
数年前のビジネス書で「導き」やら「呼び寄せ」「winwin」なんて流布していましたが、
資本主義の仕組みに照らすと自然なことで、
新興宗教まがいなことでビジネス書を書いた方は現在は赤っ恥もいいとこでしょう。
マンションは購入がいいかレンタルがいいかなど、
未だ資産の議論は尽きませんが、
観葉植物をレンタルするかどうかで迷う程度の資金の私には、
巻き込まれる以外に道はないのかもしれません。

Continue Reading

社会主義を語る上で資本主義を語り、ティーカッププードルへ言及する。

資本主義の競争社会では、常に新しさや改革が求められます。
走り続けることが資本主義を継続する要なのです。
人間の欲望に占有欲や探究心があるので、
確かに資本主義は、人間に向いているといってもいいかもしれません。
ただ、残念な事に人間の能力・環境は平等ではなく、
また永劫新しい物を生み出すという保証もないのです。
ここ数十年の技術の発展は目を見張る物がありますが、
しかし人間の本質は大きくは変わっていません。
なんだか昔より良さそうで選択肢が増えただけではないでしょうか。
例えば、色々な交配でティーカッププードルのような、犬種が生まれていますが、
必要か?と問われるとどうなんでしょう?といった答えが多いと思うのです。
選べる自由の中に消えた自由もあると私は思うのです。

Continue Reading